私立大学キャンパスシステム研究会は
システムを適切かつ効率的に活用するための情報収集・技術の研究と
会員相互の情報交換を行う私立大学を主としたお客様を対象とした研究会です。

私立大学にとって、その建学の精神、教育環境の相違はあっても、教育・研究、経営、業務の全分野でコンピュータが重要な役割を果たしていることは共通の事実です。このような状況に対応し、大学におけるコンピュータの有効利用についての研究を行うため1985年に私立大学の教職員によって設けられたのが、私立大学キャンパスシステム研究会(略称:CS研)です。

CS研は、キャンパスシステムのあらゆる分野で大学の垣根を越えた共同研究や調査などを行っています。またセミナーやイベントの企画・開催を行うなど、会員大学の相互利益とヒューマンネットワークの充実を求めて多彩な活動を続けています。