特別企画

1.活動方針

CampusmateWG(勉強会)はCS研活動(特別企画)の一つであるテーマ別WGとして、通常の分科会活動とは異なり、普段分科会活動にあまり参加されていない会員や会員登録を検討されている非会員の方々にも参加いただく目的で企画しております。
これまで、「ポータル」「履修/成績管理」「入試」等、各回毎にCampusmate-Jを利用した業務のテーマを設け実施したり、また、インターンシップ生とともに「学生目線で考える学生ポータルの在り方、スマートフォンの活用の仕方」といった潜在的且つ基本的な課題に取り組む企画も実施してきました。また、一方ではCampusmate-Jと周辺(外付)システムを活用する「EUC」を題材にした現場課題の原点にたった企画も大変好評を得ました。2019年度においても、Campusmate-Jをご利用及び導入を検討している方々にお集まり頂き、課題や疑問を参加者間で共有しながら、システム面と運用面の双方の解決に導けるような活動の場にしたいと考えております。
2019年度の企画にあたり、一部「事務システム分科会」との共同開催も視野に計画していく予定です。
CAM-J勉強会の開催後アンケートでの要望テーマと事務システム分科会における企画テーマとの共通性を考慮し、それぞれの「会」の特色を活かす企画運営を実施することで、ターゲット層の拡大や会員満足度の向上を目指します。

2.活動テーマ

「Campusmate-Jを活用した大学事務システムの最適化

本年度のCampsumate勉強会の活動テーマは、大学事務基幹システムの本質にフォーカスし、パッケージのカスタマイズやノンカスタマイズの運用比較検討や、周辺システムとのデータ連携、サービス系システムへの利活用について事務システム全体の最適化を視野に優先度の高い(要望が多い)題材を選択して企画していく予定です。

3.活動概要

本年度のCampusmate勉強会は年度1回または2回の実施を予定しています。
また、一部「事務システム分科会」と合同開催することを視野に実施予定です。