お寄せ頂いたお問い合わせから、よく頂く内容をまとめました。
お問い合わせの前にご覧ください。

私立大学キャンパスシステム研究会の運営費はどうしていますか?

全て会員からの会費で運営されています。

1大学の負担金は、分科会登録人数に関わらず、一律年間50,000円です。年度途中(10月以降)の入会については25,000円となります。負担金による年間の収人・支出については総会で予算・決算を報告し、審議します。

分科会は、いつ、どこで、何回くらい開催されますか?

各分科会によって開催回数は異なりますが、大学の繁忙期(1~3月)を除いて、年間5回程度、開催されます。

また、例年8月下旬には各分科会が一同に会する分科会合同研修会が1泊2日、若しくは2泊3日で行われます。

分科会の運営について教えて下さい。

現在、分科会は第一から第六まであります。各分科会のテーマは次のとおりです。

第一分科会 教育・研究
第二分科会 事務利用
第三分科会 システム運用管理
第四分科会 図書・学術情報
第五分科会 大学経営と情報化戦略
第六分科会 教育モデルと情報基盤

運営は、各分科会の運営委員長と運営委員で年間の活動方針を立案し、計画から実施までを自主的に行っています。

年度始めにテーマを決めて分科会活動に入りますので、毎年テーマが変わります。

入会する前に分科会に参加することはできますか?

参加を希望される分科会の運営委員の承認があれば、原則として2回を目処にオブザーバとして参加することができます。

国公立大学ですが入会できますか?

国公立大学を対象とした国公立大学情報システム研究会(通称IS研)がありますので、そちらへの入会をご検討ください。

CS研の分科会に参加を希望される場合、オブザーバとして参加することができます。

企業ですが入会できますか?

賛助会員として入会できます。会費は正会員と同一金額です。

年度途中から入会できますか?

幹事会での審議・承認のうえ役員会での承認により、年度途中でも入会できます。事務局へご連絡下さい。

トピックス企画とはどのような活動ですか?

会員の多様なニーズ、要望を吸い上げて適宜開催しているイベントです。「技術講習会」や「最新技術セミナー」等を開催しています。

技術講習会
大学の実用的な業務を例題として取り上げ、技術やノウハウの習得を図るとともに、より実践的な活用方法を習得するための講習会です。

最新技術セミナー
最新技術の紹介、最新技術に取り組んでいる企業・団体等の施設等の紹介及び見学を行い、最新技術についての見識を広めるためのセミナーです。

パスワードが付与されていて、参照できない資料があるのですが?

一部の資料にはパスワードを付与させていただいております。

会員の方には、ご要望に応じて個別にパスワードをご連絡させていただいております。

ある大学を訪問(見学)したい、ある先生のお話を聞きたい場合、どうすればよいですか?

各分科会の年間計画が確定する前に運営委員、事務局にご相談ください。
年間計画は1月~3月の間に決定されます。

企画運営段階からのご参加をご希望の方は是非、運営委員になってください。

どうしたら運営委員になれますか?

事務局にご相談ください。希望される方の上司が承諾され、役員会での承認後に事務局より委嘱状を発行させていただきます。

ご承認後に運営委員として企画、運営に携わっていただけます。

運営委員の仕事を教えてください?

年間活動計画の立案と分科会の運営を事務局とともに実施していただきます。

※当協会へのご入会についての資料のご請求・お問合せについては下記よりお問合せください。